東北最大の輸入チーズ専門店です。お好みのチーズが必ず見つかります!

チーズのタイプ

HOME > チーズのタイプ
チーズのタイプについて

代表的なチーズのタイプ6種

ナチュラルチーズは、熟成期間や製法や乳の種類によって、6つのタイプに分類されます。タイプによりそれぞれ独特の味わいがあり、これこそチーズの奥深さの要因のひとつです。


フレッシュタイプ
熟成させないタイプのチーズです。牛乳に乳酸菌などを加えて固め、水分を除いて作ります。新鮮なうちに味わうのがベストです。
見かけや味はヨーグルトに似ており、そのまま食べてももちろんのこと、お菓子や料理作りにも使われます。ティータイムにもどうぞ。
<このタイプのチーズはこちらからどうぞ>


白カビタイプ
表面に白いカビを繁殖させ熟成させたタイプです。熟成が進むと中身がとろけるように柔らかくなり、内側の芯がなくなるころに風味が増します。クリーミーでマイルドな口当たりでクセもそれほど強くないので、初心者の方にもお勧めです。
<このタイプのチーズはこちらからどうぞ>


ウォッシュタイプ
チーズの表面を塩水やその土地の地酒で繰り返し洗ってチーズを熟成させるタイプです。表皮は独特で濃厚な匂いがありますが、中身はまろやかでこくがあります。同じ産地のワインを合わせるのがお勧めです。
<このタイプのチーズはこちらからどうぞ>


青カビタイプ
チーズ内部に植え付けた青カビの働きで熟成させるタイプです。ブルーチーズとも呼ばれます。個性的でシャープな塩味、青カビによる独特な風味が特徴です。ワインにもよく合う大人の味のチーズです。
<このタイプのチーズはこちらからどうぞ>


セミハード・ハードタイプ
熟成期間が長く保存性の高いタイプです。熟成前に極力水分を取り除いて熟成させるので、とても固い状態で仕上がります。その分旨味成分のアミノ酸がたっぷりと詰まった大変コクの高い味わいが特徴です。パスタやチーズフォンデュなど、幅広く料理にも使われている大変メジャーなチーズが多いです。
<このタイプのチーズはこちらからどうぞ>


シェーブルタイプ
山羊の乳から作られているチーズがこのタイプです。若いうちは山羊の乳独特のクセのあるにおいと酸味があり、熟成が進むにつれ深いコクが出て美味しさが刻々と変わってきます。炭の粉をまぶしたり白カビを植えたりなど独特の製法があります。
<このタイプのチーズはこちらからどうぞ>

HOME > チーズのタイプ


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional